プロフィール

当ブログ管理人の「ぞい」はこんなやつですよ!
↓↓

【名前】ぞい

【年齢】26歳

【性別】男

【出身】山口県!田舎だけど自然が魅力!おいでませ山口!(山口ってどこ?とかクソ田舎やんけとか言っちゃダメだぞ☆)

【居住地】愛知県(マジで観光地がない)

【仕事】メーカー勤務の社畜(設計)

【学生時代の部活】
ソフトテニス(中学)→吹奏楽(高校)→バンドサークル(大学)

【趣味・好きなこと】

  • 野球観戦(横浜DeNAファン)
  • アニメ
  • お絵かき
  • ピアノ
  • 登山
  • フィギュアスケート(一時休止中)
  • ジムでランニング
  • 読書

【人生でやりたいこと】
※こんなんできんやろ。みたいな制限を外して、神様が絶対叶えてくれるとしたらやりたいこと!

  • トランペットを山で吹く(アメージンググレース、ラピュタでパズーが吹いてるやつ)
  • トランペットでベイスターズの応援歌を球場で吹く
  • フルートで「春よ来い」を吹く。上野星矢さんのやつが理想
  • スケート「ユーリ on iceの愛についてエロス」を滑る
  • 草野球で上手いショートになる
  • ピアノ「英雄ポロネーズ」を弾く
  • アニメ作る
  • グランドピアノ買って、家に置く
  • 夜景のきれいなところに住む

ぼくは大学を卒業して社畜になり、現在3年5カ月が経ちました。(2018年8月現在)

社畜3年生です!\(^o^)/

会社に入った頃はまだ

「仕事頑張ろう!」

なーーーんて思っていて、自発的に会社に早く行って始業前に勉強していたこともありました。そんなこともあったね(遠い目)

でも、今は

「早く会社やめてーよおおおおおおおおおおおおおおおおおお(泣)」

みたいな感じです。

ど う し て こ う な っ た ??

よければ、この話にお付き合い下さい。

なんか書いてたらめちゃくちゃ長くなったww

長いから3行で説明しろ!な方はこちら

小学生時代

ぼくはごく普通の家庭に生まれました。

父はサラリーマン、母は歯科衛生士。ね、ふつーでしょ!
ちなみに、一人っ子です。

普通に近所の保育園に行き、小学生になると地元の公立の小学校に通っていました。
ちなみに、ぼくが通っていた小学校は1学年1クラスしかなくて1クラス30人もいかないとかそんな感じww少な杉内ww

山口県ってだけでも田舎なのに、山口県の中でも田舎な地域で小学生時代を過ごしました。ほんと山口って何もないんだよな~。(山口ディスりすぎやろ。でも、お隣の福岡様と広島様が都会だからうらやましかったんだよな~~~)

ポケモン、スマブラにハマったり、昼休みはグランドで友達とサッカーをしたり、ごくごく普通の小学生でした。

ただ、習い事はちょっと多くやっていたかもしれません。
ピアノ、習字、水泳、公文。

結構小さいころから公文に行っていたこともあって、勉強は同級生の中ではトップでした!(自慢していくゥ~~~)

そして小学5年になった頃、公文以外の塾に行き始めます。

なんで塾に行くことになったかというと、国立の附属中学に行くため。中学受験というやつです。

親が言うには、このまま地元の公立の中学校に進んで狭い世界で生活するより、レベルの高い国立の中学に進んで、より広い世界で生活していろいろな人とかかわった方がいいんじゃないかとのこと。

確かに、国立の附属中学は半分は附属小からのエスカレーター組ですが、半分は受験して入ってきます。つまり、それぞれの地域のトップの子たちが半分は入ってくるので、公立中学よりは当然レベルが高くなるわけですね。

また、人数も多いので、いろいろな生徒がいて様々な刺激を受けることができる。

というわけで、当時のぼくは勉強して附属中に行くことはとてもいいことだ!と1ミクロンも疑わず、勉強しなきゃ」と思って勉強し、附属中に行くことになりました。

中学時代

ぼくは真面目な生徒だったと思います。(自分で言うなや)

でも、学級委員も何回もやっていたし、部活でも3年生の時には部長をしていました。

ちなみに、ソフトテニス部でした。テニプリ読んで入ったっていうのは内緒ww
テニプリとかいうバトル漫画めっちゃ好きやで~!!

中学でも勉強はしっかりやっていました。学力テスト?模試?かなんかで中学内で1位を取ったこともあります(また自慢していくゥ~~~)

でも、今まで頑張ってきた勉強というものに薄々なんとも言えないもやもやした疑問のようなものを感じ始めたのは中学の終わりの頃だったと思います。

そして、高校は山口県内でトップの高校に行きます。(まあいわゆる自称進学校だと思うけど)

高校時代

高校の入学式ではいきなり勉強をきちんとしなさい!一日〇時間はしなさいとかなんとか、とりあえず勉強しっかりせい!じゃないといい大学行けないぞ!みたいな話を聞かされたのを覚えています。

高校に入ると、ぼくの成績はクソ化し、無事落ちこぼれに大変身します!やったね\(^o^)/

今になって思えば、中学の終わりの頃に感じ始めていた“もやもや”がなんとなく分かってきたからだと思います。

「なんでこんな楽しくない、ただ苦痛なだけの勉強をしないといけないんだ。」

「因数分解、2次関数、微分積分・・・こんなの社会に出て何の役に立つんだ?」

「でも大学には行かなきゃだし、嫌だけどやるしかないんかなあ・・・」

今までやってきた勉強は自分が「やりたい!」と思ってやっていたことではなく、「やらなければならないこと」だったんですね。

もっと言うと、やらなければならないと思い込んでいたんだと思います。

それに気づいてしまったので、急激に勉強への意欲が失われました。

でも、この頃は良い大学に入って、良い会社に入ることが良い人生だ」なーんて信じていたし、周りの親や先生も良い会社に入るには今しっかり勉強して良い大学に入らなきゃだめだぞ!みたいなことを言っていて、周りのみんなもそれに向けて勉強を頑張っていました。

また、この頃はこのようないわゆる敷かれたレールの上を走る生き方しか知りませんでした。

だから、無理矢理やりたくない勉強をやっていた感じです。
勉強やらなきゃ将来良い生活は送れない、だから辛いけど勉強やらなくちゃ・・・みたいな感じです。

人間やりたくないことをやるにはめちゃくちゃエネルギーを使いますよね。しかも、自分がやりたいことに比べると、上達するスピードもかなり遅い。

というわけで、全然勉強せず、浪人することになります。

ちなみに、高校2年くらい?からアニメを見始めます。そして、めちゃめちゃハマる。
こんな面白いものが世の中にあったのか!みたいな感じでした。

でも、ぼくの家族は実際に口に出しては言ってなかったけど、

「アニメなんて子供が見るもの。高校生にもなって見るものじゃない」

みたいな空気があったので、隠れてコソコソ見ていました。

ガンダムSEEDとかコードギアスとか。たしかギアスは夕方リアルタイムで毎回見てた気がするwwちなみにギアスは今まで3周くらい見た気がするよww

浪人生時代

相変わらず良い大学に行かなければならないと思っている、またそれしかないと思っているので、いちおーめちゃくちゃ辛い、嫌やあああああああああああああと思いながらも受験勉強を1年やりました。

その結果、某国立大学の工学部に合格しました。

なんで工学部にしたかというと、なんとなくです。

別に大学で特に学びたいこともないけど、とにかく大学に行かなきゃという感じ。なんとなく、宇宙とかロケットとか飛行機とか見た目かっこいい気がするから工学部という感じ。

親とか予備校の先生とかには

「ロケットとか飛行機とか興味あって、将来設計したりしたい!だから工学部行く!」

なーんて言ってた(こういう優等生発言をしないといけないと当時はなぜか思っていた気がする)けど、内心は

「(ゆーて、興味あるっていっても車よりはまーかっこいいかなー程度の興味なんだよなー)」

という感じでした。

大学時代

大学に合格した後は、次は良い会社に入らなきゃということで、別に興味ないけど、とりあえず単位は取っとかないといかんなー、親に学費出してもらっとるしなー。

という感じなので、引き続き、「勉強やりたい!」ではなく「勉強しないといけない」精神です。

なので、当然単位をいくつか落とします。
でも、留年はせず、進級はきちんとしてました。

就活の時期が近づいてくると、学部で就職するか、大学院に進学するか決めなければいけません。

ちなみに工学部は約8割が院進学です。

工学部って大体が自由応募じゃなくて推薦応募で就職試験受けるのよ。推薦応募ってのは企業から大学に「今年の推薦枠は〇枠です」って通知が来て、その枠数しか応募できないけど、推薦で受けると合格する確率高いってやつ(企業によっては推薦で受けたら絶対受かるとこもある)。だから人気企業だと、推薦枠の取り合いになるわけ。で、どうやって推薦する学生決めるかというと、成績関係なく、まずは学部生より院生が優先される。だから、院進学が多いというわけ。(今は知らんけど当時はこんな感じでした)

純粋に学問とか研究をもっとしたくて進学する人もいます(こういう人ホンマすごいと思う)が、大体の人は院に行った方が良い企業に行けるから、人生の夏休みがあと2年延長できるからというくだらん理由で院進学していました。(少なくともぼくの周りは)

ぼくは大学での勉強に興味がわかないので、院に行ってあと2年研究をするなんて地獄やんけ!しかも学費を払って!こんな罰ゲーム絶対したくないでござる!

というわけで当然大学院に進学ではなく、学部で就職しました。(なお社畜も地獄だった模様)

ちなみに、大学3年の頃?に突如絵を描きたいと思って、絵を描き始めます。そして、何をとち狂ったのか描いた絵を某アニメ会社に持っていって、ぼくの絵どうですか?なんて謎の行動を起こします。

この時まで絵を描いてこなかった奴がちょちょっと描いてみた絵なんてプロに相手にされるわけがありません。まー当時はアニメーターに憧れがあったんでしょうね。でも、このとき絵を見て下さったプロの方にアニメーターという仕事に関して質問をしたんですけど、お忙しいにもかかわらず親身に答えて下さいました。本当にありがたかったです。

アニメの仕事いいな~なんて思っていたのですが、この時まで絵を描いてこなかったこと+アニメ業界が薄給であることから、アニメの仕事はあきらめました。

社畜時代

入社当初はそれなりにやる気もありましたが、会社と家の往復で1週間が終わる生活が続くと、まじで死んだ魚の目になります。

しかも、自分が心からやりたい仕事ではなく、別にそんな興味のない仕事をしていて、週5日、最低でも1日の1/3以上をそれに費やす。

何のために生きてるんや自分????????????

ってなるわけです。

平日の疲れで、休日はベットから起きれないなんてこともよくありました。

ぼくが今の仕事をしている理由はと聞かれたら、答えは一つです。

「お金を稼いで、生活費を得るため。以上!閉店がらがら!」

お金のためだけにやりたくない仕事をするって、本当に辛いです。

ましてや、こんな生活を40年もしくはそれ以上続けるのは絶対に無理!!

なんで人生の貴重な時間をこんなクソつまらん仕事に費やさなアカンのや!!

もっと自分が本当にやりたいこととか好きなことをやって生きていきたい!!

で、現在

こんなことを思いながら社畜を続けていましたが、最近、他の生き方もできるのではないかと思い始めました。

「会社 辞めたい」とかで検索すると、会社辞めて自由にやりたいことやって生きてます!みたいな人のブログとかたくさん出てくるんですよね。

Youtubeにも好きなことで生きることってできるよ!みたいな情報を発信している人もいます。

ぼくは今まで、特別な才能がない人は良い会社に入って、やりたくもない仕事を我慢してやるしかない、それが普通だと思っていました。

でも、それは昔の話。昔は良い会社に入って耐えれば、それなりのいい待遇がありました。

今はご存知の通り、終身雇用は崩壊し、あの大企業が倒産!?なんてざらな時代。

しかも、社畜をやってると自分の人生を主体的に生きれない。

ぼくはそんなの嫌です。

嫌と思いながら、どうすればいいのか分からない、平日の疲れで行動を起こす気力もない日々もありました。でも考えているだけでは現実は変わらない。

だから、少しずつですが、情報収集をして、

脱社畜して自由に楽しく、やりたいこと・好きなことをやって主体的に生きるために行動を始めました。

ぼくが会社を辞めるための唯一の障壁は会社以外で収入源がないこと。

なので、このブログではないのですが、アフィリエイトという副業を始めました。

また、好きなことは仕事にできると信じて、まずは自分が好きかもしれないことをやり始めたところです。

とりあえずこのブログではそのへんのことと、書きたいことを書いていこうと思いますよ!

そんな感じ!

以上を3行で説明すると、

3行で説明すると言ったな!あれは嘘だ。
すんません、無理でした。

今までやりたくないこと、やらなければならないことをやってきて、敷かれたレールの上を走るサラリーマンになった。

働いてみると、やりたくない会社の仕事に人生の貴重な時間を費やすのが嫌になった。

会社を辞めて自由に楽しく、やりたいこと・好きなことをやって生きたい。

そんな風に人生を送っている人たちがいることを知った。

そのためには、会社以外で収入源が必要。

なので、アフィリエイトや自分が好きかもしれないことを始めてみたよ。

そこらへんのことや書きたいことを書いていくブログだよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする